主婦あんずの生活

田舎に住むアラフォー母ちゃんです。現在、小学二年生と1歳の2人を子育て中。2人目を育てていて思うことや、田舎ならではのいろいろ、使って便利だったものなど、子育てにまつわること…を書いています。

MENU

お兄ちゃんのおもちゃを勝手にお下がりにして次男坊に与えていたのですが・・・

こんにちは、あんずです。

 

先日、小2のお兄ちゃんが急に「ボン(次男の仮名)が、僕のプラレールで遊んで、塗料がどんどんはがれてきてるのが嫌だ」って言いだしました。

  

 

勝手にお下がりにしていたプラレール

実は、数か月前からボンがたいそう気に入っているプラレールの新幹線たち、お兄ちゃんの許可なく私が勝手に与えていました。

 

というか、おもちゃの収納場所は、ボンが主に過ごすリビングなので、ほっといたら勝手に取り出して遊ぶのですね。

 

絵本や雑誌は勝手にやぶいたりすることがあるので、ボンの手の届く位置からは撤去していたのですが…

 

幼児向けのおもちゃは、ちょっとなめたり投げたりしたくらいではびくともしないので、お兄ちゃんに許可を取ることなく与えていたのです。

 

が、プラレールの新幹線は結構塗料が落ちる。現在はこんな具合です↓

塗料の剥がれたプラレールE5系先頭車両

塗料の剥がれたプラレールE5系真ん中の車両

塗料の剥がれたプラレールE6系先頭車両

結構、白い部分が出てきちゃってる。

 

結局、どうしたのか?

よくよく聞いてみたら「だいぶ前から嫌だった」らしい。

私は「嫌だったんなら早く言いなさいよ~」

 

と、ちょっと怒ってしまったのですが…塗料がここまではがれたのは、お兄ちゃんのせいでは全くない。

 

「お兄ちゃんなんだから、そのくらい我慢しなさい」とか、「あまり使っていないおもちゃだったんだからそのくらい(以下同文)」とか、「物を譲る心を教えるべきか」とか、一瞬でいろんな思いが頭を駆け巡ったのですが。

 

人のおもちゃを許可なくボンに与えてしまったのは私。

 

自分だったら、同じことをされたら絶対嫌である。

 

例えば、お気に入りのマイカー、デリカD2。

デリカD2


これをだれかが勝手に我が弟に貸し、弟が傷だらけにした挙句、お姉ちゃんなんだから我慢しなさいって言われたら…

 

ふざけんな、修理代出せ!

 

である。

 

お兄ちゃんのプラレールは買いなおすべきだ。

 

が、しかし「同じ家に同じ新幹線いらないな~」「買いなおすお金もったいない~」

 

腹黒な私が出現!で、お兄ちゃんにきいてみた。

 

私「ゆう太(仮名)~、勝手に新幹線をボンに与えてしまったのはお母さんがいけなかったねから、買いなおそうと思うんだけど…同じ新幹線がいいの?」

 

ゆう太「うん、同じのがいい」

 

え~まじかあ~。ってやっぱりだよね~。私だって同じのがいいって答える可能性のほうが高い。

 

私「じゃあ、買うけどさ、新しいヤツはリビングにはおかないで、ボンの手の届かない2階とかに置いといてよ」

 

ゆう太「わかった」

 

あ~、やっぱり同じの買わんといかんのか~イライラ。

 

私「今回はさ、母ちゃんもいけなかったから買いなおすけど、他にもお気に入りのおもちゃあるんだったら、それ用の段ボール用意するから、そこによけといてよ~。リビングに置いといたら、ボンが触るから!」

 

うー、プラレールの新幹線2本のお値段って結構イタイ。そもそも買っても遊ばんかもしれんのに~。

 

あ~、またまだけちんぼな私顕在。

 

ってこういうの子供に伝わっちゃいますよね…。数分後、

 

ゆう太「やっぱり買わんでもいいよ」

 

といいだした。

 

 

し、しまった…(大汗)

 

もう小学生2年生ともなると、親の顔色見て遠慮とかしっかり出てくるのですよ。

これが人が自分の本音がわからなくなってくる一つの要因、と私は思う。

 

なので、私としてはまあっ!いい子だわん♪

 

では済ませられないのです。

 

私「もしかして、遠慮してる?」

 

ゆう太「うん。でも…別に買わんでもいいよ~」

 

ウーム。。でもほんとにどうでもよければ、塗料が剥がれて嫌だなんて最初から言わないハズである。

 

私「でも、ほんとは欲しいんだよね? 他のおもちゃはボンが使ってても気に留めてないのに、プラレールは違ったんだもんね。買えるんだったら、買った方がいいよね?」

 

ここは、買うべき場面だ!と思い、質問を重ねて本心を引き出したところ…

 

やっぱり本当は欲しいんだよね

 

一瞬、買う前に旦那に相談すべきかも…と思ったけど、これで買わないって結論になったら困る。ここは私の独断で買うことにしよう!

 

私「じゃあ、今からAmazonで注文するね」

 

と、すぐにスマホでAmazonにアクセス。買いなおすプラレールの新幹線E5系&E6系を探して、「今すぐ注文」をぽちり。

(私はAmazon primeの会員である)

 

私「これで、明日来るからね~」

 

お兄ちゃんも心なしかホッとしたようでした。

  

 

で、翌日。

プラレールE5系E6系新品

 届いたのを見つけたお兄ちゃん、早速嬉しそうに開封していました!

 

「昔のと(塗料の)色が違うんだね~」と言いながら眺めたり、ボンに譲ったのと一緒に並べてみたり。

 

そして、私との約束通り、別の段ボールにいれて保管していました。

 

その段ボールには、

  • プラレール新幹線2本(=今回買いなおしたもの)
  • プラレールの駅
  • プラレールの踏切

の3つだけが入っており、お兄ちゃんにとって、プラレールたちがいかに特別なおもちゃであったことを実感。

 

ああ、買いなおしてよかった!!!

 

やっぱり、ここは使うべきお金でした~。

 

でも、今後は勝手にボンに渡さないよう気を付けようと、決心した私でした。 

E5系E6系合わせて4本になった新幹線

 

ちなみに…同じプラレールの車両でも、きかんしゃトーマスのキャラクター"ヒロ"はもういらないのでボンに譲ってくれるらしい。ありがとう。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。